読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねいぴあの世迷い言

つれづれなるまゝに、をりをり、ぱそこんにむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

第109回京都記念

2016年2月14日(日)第109回京都記念の予想をしていきたいと思います。

目次

 

京都記念傾向

<枠>外枠有利

過去10年3着以内の数が

1枠☆☆☆

2枠☆

3枠☆☆

4枠☆☆

5枠☆☆☆☆

6枠☆☆☆☆

7枠☆☆☆☆☆

8枠☆☆☆☆☆☆☆☆☆

なので,外ほど有利でしょう。

<脚質>先行か差し

過去10年3着以内が

逃げ16.7%

先行40.0%

差し30.0%

追い13.3%

なので,前残りの展開になることが多いようです。

差せるレースでもありますが,追わせるには無理があるのでしょう。

ここ10年で穴を開けるのはほぼ逃げ馬で,逃げ馬にチャンスがあるレースです。

<年齢>4~6歳

過去10年3着以内の数が

2歳

3歳

4歳☆☆☆☆☆☆☆☆

5歳☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

6歳☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

7歳

8歳☆

なので,7歳以上は思い切って消しで良いかもしれません。

 

京都2,200m傾向

<枠>内3枠か8枠が有利

過去10年勝率ー連対率ー複勝率が

1枠7.2%-18.0%-23.4%

2枠11.1%-19.7%-26.5%

3枠12.3%-18.9%-25.4%

4枠4.7%-10.2%-19.7%

5枠6.0%-11.9%-19.4%

6枠4.1%-11.5%-16.2%

7枠4.9%-11.7%-19.0%

8枠9.0%-16.2%-25.8%

なので,あからさまに内3枠と8枠が有利な模様です。

個別の項目(勝率,連対率,複勝率ごと)で上位4つに赤色をつけてみました。

 

展開予想

14スズカデヴィアスが大外8枠から前に出て1,000m60秒くらいの通常ペースでいつも通り逃げてレースを引っ張る展開を予想します。

他に逃げ馬がいないので,2アドマイヤデウスはジャパンCの時のように内枠からすっと前に出て逃がすかもしれません。

その後に1ヤマカツエース,11トラストワンなど先行勢が続いて行くかというところ。

1馬身から2馬身空いて10ワンアンドオンリー,13ミュゼゴーストが並んで,

その後ろ少し間が空いて後方集団3トーセンレーヴ

4ショウナンバッハ,12ヒストリカルが続いて,

後方集団5トウシンモンステラ,6タッチングスピーチ,8マイネルディーン,9レーヴミストラル,15コスモロビンは最後方からの競馬。

 

4角では先行勢がそのまま前に出て,追い込み勢が大外から差し込んでくる形に。

距離も1,800mや2,000mでないので,あまり後ろからだと差し切れない可能性があり,4角入る前に動き出すかもしれません。

後3F33秒前半なら3着以内は堅いと思います。

スローペースでなければ後3Fが最速34.0秒前後になるのではないでしょうか。

2,200m以上のレースで35.0秒以内で上がっている馬に賭けたいところです。

 

騎手

2,200mのレースは母数が少ないのでコース相性は考えないことにしました。

乗り替わりに関しても1ヤマカツエース2アドマイヤデウス以外は乗り替わりなので考慮しないことにしました。

調教

いつものレースは最重要視するのですが、今回のレースでは目立ったものや明らかに良くない馬がいなかったので、調教では差がつきにくいと判断しました。

馬別予想(詳細)

1ヤマカツエース

馬柱:前走の日刊中山金杯(GⅢ)1着、前々走福島記念(GⅢ)1着がプラス材料。

3F:前走後33.0(5)がプラス材料。

血統:父系統キングカメハメハ,母父系統グラスワンダーともに普通。

年齢:牡4◯

調教:B

斤量:56

間隔:6週

脚質:先行させているレースが多く、差せる脚もある。

その他:2,200mがキャリア最長距離なのでそこが心配。

2アドマイヤデウス

馬柱:GⅠでは好走できていないが,GⅡの京都記念ならば。2,200m以上のレースを走ってきているのがプラス材料。

3F:3走前天皇賞(秋)の33.4(1)がプラス材料。

血統:父系統のアドマイヤドンが×,母父系のサンデーサイレンスは普通。

年齢:牡5◯

調教:B

斤量:57

間隔:7週

脚質:通常なら差してくるが,前々走ジャパンCで逃しているのでもしかしたら……。

3トーセンレーヴ

馬柱:前々走ディセンバー(OP)1着,3走前アンドロメダ(OP)1着がプラス材料。前走の有馬記念(GⅠ)6着は相手が強かった。

3F:前走の有馬記念(GⅠ)で2,400mだが34.1(1)を出していることと、前々走34.1(1)3走前33.8(4)でしっかり追えているのがプラス材料

血統:父系統は安定のディープインパクト◯,母父系のCaerleonは×。

年齢:牡8×

調教:B

斤量:56

間隔:7週

脚質:差

4ショウナンバッハ

馬柱:前々走AJCC(GⅡ)3着がプラス材料。今回と同じく2,200mを好走しているのが◯。

3F:前走のAJCC(GⅡ)で34.1(1)を出しているのがプラス材料。

血統:父系統はステイゴールド単勝回収率184%複勝回収率159%は注目,母父系のサクラバクシンオーは×。

年齢:牡5◯

調教:B

斤量:56

間隔:3週

脚質:差

5トウシンモンステラ

馬柱:前走万葉S(OP)4着がプラス材料。3,000mを走り切るスタミナがちゃんとあることがプラス材料。

3F:前走万葉S(OP)34.4(1)前々走アンドロメダ(OP)33.6(1)3走前カシオペアS(OP)33.9(3)4走前宝塚記念(GⅠ)34.8(5)を出しているのがプラス材料。

血統:父系統キングカメハメハ,母父系統サンデーサイレンスともに普通。

年齢:牡6◯

調教:B

斤量:56

間隔:13週

脚質:追

6タッチングスピーチ

馬柱:前走エリザベス女王杯(GⅠ)3着がプラス材料。今回と同じく2,200mを好走しているのが◯。

3F:前走エリザベス女王杯(GⅠ)34.3(3)前々走秋華賞(GⅠ)34.4(2)3走前ローズS(GⅡ)33.9(2)4走前3歳上500万下34.2(1)を出しているのがプラス材料。

血統:父系統ディープインパクト◯,母父系統Sadler's Wellsは普通。

年齢:牝4◯

調教:B

斤量:53

間隔:13週(3ヵ月)休養明けで鉄砲 [1.0.0.1] 2走目 [1.0.0.1]

脚質:追

その他:今回の出走で唯一の牝馬。斤量を活かした走りができるか。

7サトノクラウン

馬柱:前走天皇賞(GⅠ)が相手が強かった。前々走東京優駿(GⅠ)で3着がプラス材料。3走前皐月賞(GⅠ)で6着とGⅠ馬。

3F:前走で17着とはいえ35.1(17)。前々走東京優駿(GⅠ)で東京の2,400mを33.8(1)でトップで上がったこと、3走前の皐月賞(GⅠ)で34.5(2)がプラス材料。

血統:父系統Marju,母父系統Rossiniともに×。

年齢:牝4◯

調教:B

斤量:56

間隔:15週(3ヵ月半)休養明けで鉄砲 [1.0.0.1] 2走目 [0.0.0.1]

脚質:差追

8マイネルディーン

馬柱:前走AJCC(GⅡ)2,200mなど基本的に2,000m前後のレースを走ってきていることがプラス材料。

3F:順位は良くなかったが,前走AJCC(GⅡ)35.1(6)前々走日刊中山金杯(GⅡ)32.9(3)3走前七夕賞34.4(4)4走前新潟大賞典(GⅢ)32.9(2)と3Fは悪く無い。

血統:父系統ダンスインザダークは普通,母父系統のトニービン単勝回収率106%は注目。

年齢:牝7×

調教:B

斤量:56

間隔:3週

脚質:追

9レーヴミストラル

馬柱:前走日経新春杯(GⅡ)2,400m1着、3走前アルゼンチン(GⅡ)2,500m3着など2,000m超えのレースを勝っていることがプラス材料。特に前走京都距離2,400m→今回京都2,200mも距離短縮がプラス材料。

3F:前走日経新春杯(GⅡ)33.1(1)前々走金鯱賞(GⅡ)34.4(1)3走前アルゼンチン33.8(1)3走連続の最速。

血統:父系統キングカメハメハは普通,母父系統のHihestHonerは×。

年齢:牝4◯

調教:A

斤量:56

間隔:4週

脚質:追

10ワンアンドオンリー

馬柱:有馬記念(GⅠ)ジャパンC(GⅠ)天皇賞(秋)(GⅠ)京都大賞典(GⅡ)など基本的にGⅠ戦線を戦ってきていることがプラス材料。

3F:前走有馬記念(GⅠ)のあのメンバーで34.8(4)を出して4着がプラス材料。

血統:父系統ハーツクライ単勝回収率110%複勝回収率115%,母父系統のタイキシャトル単勝回収率620%複勝回収率142%は注目。

年齢:牝5◯

調教:B

斤量:57

間隔:7週

脚質:差

11トラストワン

馬柱:前走アンドロメダ(OP)で2着がプラス材料。

3F:前走アンドロメダ(OP)で33.9(5)がプラス材料。

血統:父系統マイネルラヴ,母父系統のデヒアともに×。

年齢:牝8×

調教:B

斤量:56

間隔:12週

脚質:先

12ヒストリカル

馬柱:前走チャレンジC(GⅢ)2着アイルランド(OP)1着福島TVOP(OP)2着がプラス材料。

3F:前走34.1(1)前々走34.5(2)3走前34.5(2)がプラス材料。

血統:父系統ディープインパクト◯,母父系統のノーザンテースト単勝回収率205%複勝回収率126%は注目。

年齢:牝7×

調教:B

斤量:56

間隔:9週

脚質:追

その他:2,000m以上のレースにほぼ出していないこと、2,000m超えのレースで好走できていないのが心配。

13ミュゼゴースト

馬柱:前走セントライト記念(GⅡ)が2,200mで同距離なのと、前々走ラジオNIKKEI賞(GⅢ)2着、3走前白百合S(OP)3着、4走前山藤賞(OP)1着がプラス材料。

3F:3走前の白百合S同じ京都で33.4(7)を出していること、後3F順位はそんなに良くないもののしっかり成績を残していることがプラス材料。

血統:父系統バゴの単勝回収率470%複勝回収率105%は注目,母父系統のリアルシヤダイは×。

年齢:牝4◯

調教:B

斤量:55

間隔:21週(5ヵ月休養)鉄砲 [0.0.0.0] 2走目 [0.0.0.0]

脚質:先差

その他:2,000m以上のレースを前走のセントライト記念(GⅡ)2,200mしか使っていないのが心配。

14スズカデヴィアス

馬柱:前走AJCC(GⅡ)同距離2,200mを走っていることがプラス材料。

3F:前走AJCC(GⅡ)で逃げて35.9(10)を出していることがプラス材料。

血統:父系統キングカメハメハ,母父系統のサンデーサイレンスともに普通。

年齢:牝4◯

調教:B

斤量:55

間隔:3週

脚質:逃先

15コスモロビン

馬柱:前走日経新春杯(GⅡ)など基本的に2,400m2,500mのレースで使っていることがプラス材料。

3F:前走日経新春杯(GⅡ)で1年の休み明け34.0(2)を出したのがプラス材料。

血統:父系統ゼンノロブロイは普通,母父系統のジェイドロバリー単勝回収率403%複勝回収率135%は注目。

年齢:牝8×

調教:C

斤量:56

間隔:4週

脚質:追

馬別予想(まとめ)

画像でまとめるとこのような形。

f:id:Napier_0426:20160214083642p:plain

予想

△1ヤマカツエース……2,200mで使っていないのが心配。今回は相手も強いので3着に入れるかどうかわからない。ここで来れば本物。

▲2アドマイヤデウス……GⅠ馬なので外せないだろう。ジャパンCのように逃げさせると面白い。

消3トーセンレーヴ

▲4ショウナンバッハ……案外軽視されそうな馬。おそらく人気薄なので、オッズ10倍あたりで一番チャンスがある馬はこの馬なのではないかと思う。

×5トウシンモンステラ……◯▲△以外の馬で選ぶとすればこの馬。フォーメーションの3着に入れる感じ。

▲6タッチングスピーチ……唯一の牝馬で斤量を活かした走りができればというところ。距離適性もいいし、外せない。

△7サトノクラウン……休み明けなのが心配。実力はある馬なので、来てもなんら不思議はない。

消8マイネルディーン

◯9レーヴミストラル……総合的に見て優れているのはこの馬。軸として考える人が多いだろう。

△10ワンアンドオンリー……一発あるとすればこの馬。

消11トラストワン

消12ヒストリカル

消13ミュゼゴースト

▲14スズカデヴィアス……唯一はっきり逃げの作戦をとりそうな馬。レース傾向、適正距離、レース展開的に3着に入ってもおかしくない。

消15コスモロビン

 

買い目

単勝のみ

1ヤマカツエース

2アドマイヤデウス

6タッチングスピーチ

7サトノクラウン

9レーヴミストラル

のどれか好きなもの。

単勝:複勝=1:2の買い方 

直前のオッズとの兼ね合いになるが、複勝が2.0倍以下になった馬は買えない。

逆に複勝で2.0倍ついた馬なら買う価値があり、リスクとリターンのバランスが取れそう。

どうしても買いたい自信があるときには1.5倍が下限。

それ以下は避けたほうがいい。

単勝のみで挙げた馬で2.0倍以上のものと、4ショウナンバッハと14スズカデヴィアスが候補になってくるか。

一番おいしそうなのが4ショウナンバッハなので、この買い方では4推奨で。

穴を開けるなら14スズカデヴィアスだと思うので、大穴狙いで複勝だけ買うのもありかも。

馬連

ながし……軸9相手1,2,4,6,7,10,14で最低オッズが7.0倍を切らなければ全買い。

→1-10が10倍なので全買い。

ワイド

ながし……軸9相手1,2,4,6,7,10,14でオッズが4.0倍を切っていないものどれか。

→1-10が4.4-4.9倍なのでどれも買う候補にできる。

馬単

フォーメーション……1着2,6,9-2着1,2,4,6,9,10,14の18点買い。最低オッズが18倍ぐらいになると予想。

→9→1が18.6倍なので全買い。

三連複

1軸ながし……軸9相手1,2,4,6,7,14の15点買い。最低オッズが15倍を切らないという予想。

→01-06-09が18.0倍なので全買い。

三連単

フォーメーション……1着6,9-2着1,2,4,6,7,9,14-3着1,2,4,6,7,9,10,14の72点買い。最低オッズも70倍あたりになるのではないかという予想。

→09-01-06が68.7倍なので全買い。

 

結果

1着:7サトノクラウン

2着:6タッチングスピーチ

3着:3アドマイヤデウス

4着:12ヒストリカル

5着:1ヤマカツエース

 

残念!

重馬場なので前残りの展開に。

軸に選んだ9レーヴミストラルはいつも通り後ろからの競馬だったので全く前に出ることができず。

 

以上。