読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねいぴあの世迷い言

つれづれなるまゝに、をりをり、ぱそこんにむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

第一回プレイリスト作成大会

テーマ「花火大会に向かうときに聴く曲リスト」

ルールは9曲。

 

ひょんなことから思いついたプレイリスト作成大会。

これは話のネタになりそう。

そして何より面白そうということで、Twitterで勝手に告知。

勝手にやっちゃいます。

 

プレイリスト発表

1 中 「ブルーバードいきものがかり 

2 二 「Mermaid festa vol.1μ’s

3 右 「涙のイエスタデーGARNET CROW

4 DH 「世界でいちばん熱い夏」プリンセス プリンセス

5 一 「神SUMMER!!THE IDOLM@STER

6 左 「ぼくとわたしとニコニコ動画ヒャダイン

7 三 「アジアの純真PUFFY

8 捕 「いかすぜOK↑THE HIGH-LOWS↓

9 遊 「サウダージポルノグラフィティ

 

各曲説明・順番解説

1 中 「ブルーバード」いきものがかり

2008年7月9日発売。いきものがかりの10作目のシングル。

テレビ東京系テレビアニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』オープニングテーマ。(2008年4月3日 - 2008年9月25日)

疾走感あふれる夏にぴったりな曲。

まだ夕暮れ浅く、青い空と白い雲がどこまでも広がっている時間。

暑い中花火大会に向かう移動の時、携帯音楽プレイヤーを出してこの曲が流れ始めたら花火大会への気持ちが高まるに違いない。

爽やかなだけでなく、これから迎える夜とほのかに儚さを感じさせるこの曲がトップバッター。

2 二 「Mermaid festa vol.1」μ’s

2011年08月24日発売。μ'sの3rdシングル。

情熱的なフラメンコ風の曲。

歌詞を見ると「ムーンライト」とあるので夜の曲なのだろう。

しかし、「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」のジャケットの夕暮れからサンセット(日没)のイメージがある曲。

浜辺で火が焚かれていて、落ちていく夕日を見ている情景が浮かぶ。

一曲目を聞いて日没が近づいている頃、この曲が流れてくるはずだ。

情熱的なこの曲を聞けば花火大会へのボルテージも高まるはず。

3 右 「涙のイエスタデー」GARNET CROW

2007年7月4日発売。GARNET CROWの25枚目のシングル。

読売テレビ日本テレビ系全国ネットアニメ『名探偵コナン』オープニングテーマ。(2007年6月18日 - 2007年9月3日)

かっこいいイントロと、爽やかなメロディーライン、そしてボーカル中村由利さんの伸び上がるアルトの歌声に清涼感を覚える一曲。

今までの熱い2曲とは違ったテイストのこの曲を聞いて清々しい気持ちで花火大会の会場に向かいたい。

4 DH 「世界でいちばん熱い夏」プリンセス プリンセス

1987年7月16日発売。プリンセス プリンセスの2枚目のシングル。

1987年テレビ朝日系全国ネット『世界どっきりウォッチ』エンディングテーマ。(1987年6月22日 - 1987年9月28日)

言わずと知れた夏の名曲。

爽やかな3曲目に続いてさっぱりしたAメロから始めるこの曲。

Bメロからサビにかけて題名通りの熱いメロディーとなる。

この花火大会を世界で一番熱く光る夏の一つの思い出にしたいところ。

熱い思いでテンションを上げて出店を抜けていきたい。

5 一 「神SUMMER!!」THE IDOLM@STER

2011年9月7日発売。CD『THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 02』に収録。

アニメ「アイドルマスター」の第5話「みんなとすごす夏休み」の挿入歌。

そろそろ川辺か海が見えてきたころだろうか。

元気いっぱいできらきら輝くこの楽曲で、川辺か海の方向に走りだしていきたくなる気分になるはず。

前の曲に続いて、「世界で一番いちばん熱い夏」という歌詞を聞いて、「HAPPYになろう」!!。

6 左 「ぼくとわたしとニコニコ動画ヒャダイン

2010年09月14日 07時46分 投稿。ヒャダインの49作品目の投稿動画。

そろそろ空が暗くなって星が薄っすら見える頃だろうか。

星が流れていくようなきれいなメロディーと、弾けるリズムパターンでわちゃわちゃ感を覚える一曲。

夜を迎えるにふさわしいエネルギッシュかつきらきら光る曲を聞いて、花火大会が楽しみな気持ちを高めたい。

7 三 「アジアの純真PUFFY

1996年5月13日発売。PUFFYのデビューシングル。

キリンビバレッジ・「天然育ち」CMソング。

Electric Light Orchestra(イギリスのバーミンガム出身のロックバンド。1970年 - 1986年、2000年 - 現在)の影響を受けたこの一曲で鮮烈なデビューを飾ったPUFFY

オリコン週間ランキング初登場3位、オリコンカラオケチャートで12週連続1位、オリコン1996年度年間15位を記録。

この年の音楽新人賞を総なめにした。

ビブラートを使わない実力に裏打ちされた歌声と、のちに「脱力系」と称されることとなったTシャツジーパン姿で歌う姿とのギャップ、60年代後半~70年代前半のロック調の楽曲、歌詞のユーモアさ、そのすべてが心地よい。

2015年になった今でも色褪せることのない輝きを放っている名曲。

ちなみに「pop'n music」の「ミミ(ウサギ)」と「ニャミ(ネコ)」はPUFFYの2人がモチーフとなっている。

現代的な楽曲のあと、この曲のような現代に蘇る70年代前後を感じさせるrock tuneを聞くと、また違った気持ちになるはず。

exoticなテイストのこの曲を聞いて花火大会への期待感を高めたい。

8 捕 「いかすぜOK」↑THE HIGH-LOWS↓

2002年2月20日発売。THE HIGH-LOWSの18枚目のシングル。

日本コカ・コーラアクエリアス」CMソング。

この曲を聞くと夏が来たなという感じがする。

「少年」の活発さ、快活さ、元気が目一杯表現されている。

パンク・ロックとはこういうことだと思う。

汗びっしょりのTシャツ一枚、真っ白な太陽の下アスファルトがかげろうに揺れている中を走り抜けていく子供。

熱いながらも、どこか運動したあとのような夏の清々しさや気持ちよさを感じさせる曲。

自然と笑顔になってしまう、そんなこの曲を聞いて花火がよく見える場所に到着。

9 遊 「サウダージポルノグラフィティ

2000年9月13日発売。ポルノグラフィティの4作目のシングル。

シングル・アルバムを通じてポルノグラフィティ初の週間オリコンチャート1位を獲得した曲。

ラテン調の曲で儚くも美しく切ない恋の終わりの情景を表現しているのだと思われる。

ハルイチ(新藤晴一ポルノグラフィティのギタリスト)はこの曲の歌詞について「男にも女々しい部分はあるからそれを書きたかった」と語っている。

サウダージ[Saudade]とは、郷愁、憧憬、思慕、切なさ、哀愁、乾杯、つらい思い出、失ったものを懐かしむ感情、などの意味合いを持つ複雑なニュアンスを持ったポルトガル語

純粋な郷愁(≒ノスタルジー[Nostalgie])ではなく、「温かい家庭や両親に守られ、無邪気に楽しい日々を過ごせた過去の自分への郷愁や、大人に成長した事でもう得られない懐かしい感情を意味する言葉」と言われている。

また、「追い求めても叶わぬもの、いわゆる『憧れ』」といったニュアンスも持っている。

歌詞の内容から想像するにこの曲には後者のニュアンスが少し表れていると言えよう。

加えて、サウダージボサノヴァの重要なキーワードとなっている。(この曲はボサノヴァアレンジで演奏されることがある。)

 

花火。

夜空に光り輝き、一瞬で消えてしまう。

儚くて、美しい夏の風物詩。

ただきれいなだけでなく、儚さを持ち合わせたこの楽曲。

花火と重なっている部分があるかもしれない。

もうあたりはすっかり夜。

今まで高めてきた気持ちを少しだけ落ち着かせ、思いを巡らすには最適な曲だろう。

少しだけシックな気分になったところでイヤホンをはずし、目の前の夜空に広がる大輪

を楽しみたい。

候補に上がった曲

「恋愛フィロソフィア」初音ミク

「バンバンブー☆」初音ミク

「ルカルカ★ナイトフィーバー」巡音ルカ

「友情ぽっぷ」茶太

「シャーロック・シェリンフォード」探偵オペラミルキィホームズBGM

「夏色えがおで1,2,Jump!」μ’s

「STAR RISE」広橋涼豊口めぐみ小島幸子桑島法子佐藤利奈

恋は渾沌の隷也」後ろから這いより隊G

「射手座☆午後九時Don't be late」シェリル・ノーム

ブルーウォーター森川美穂

「君の知らない物語」supercell

鳥の詩」Lia

secret base 〜君がくれたもの〜」ZONE

「夏祭り」Whiteberry

HANABIいきものがかり

さくらんぼ」大塚愛

「夏色」ゆず

ミュージック・アワーポルノグラフィティ

HOT LIMITT.M.Revolution

「渚にまつわるエトセトラ」PUFFY

「愛のしるし」PUFFY

「これが私の生きる道」PUFFY

「胸がドキドキ」↑THE HIGH-LOWS↓

「夏なんだな」THE BLUE HEARTS

「夢」THE BLUE HEARTS

「情熱の薔薇」THE BLUE HEARTS

渚のシンドバッドピンク・レディー

「暑中お見舞い申し上げます」キャンディーズ

真夏の果実サザンオールスターズ

愛の言霊~Spiritual Message~」サザンオールスターズ

「空と君のあいだに」中島みゆき

「summer」久石譲

「Surfin Usa」Beach Boys

「Rock & Roll Music」The Beatles

「Jump」Van Halen

「Tubthumping」Chumbawamba

「Mr Saxobeat」Alexandra Stan

「Do You Want To」Franz Ferdinand

「Suit」Boom! Bap! Pow!

「Good Time」Owl City & Carly Rae Jepsen